三浦しをん著「あの家に暮らす四人の女」を読みました。

谷崎潤一郎の描く「細雪」を現代版にしたという本作。
名前の一部を、細雪に登場する四姉妹に見立て、母・娘そして娘の知人である2人の女性の合わせて4人の女たちの暮らしを描いています。

父親の顔を知らずに育った刺繍作家の娘、お嬢さん気質が抜けずにちょっと浮世離れしている母親、そしてしっかりものの女と、どこか天然でストーカーにつきまとわれたことから避難してやってきた女と、一つ屋根の下で暮らすことになった、家族ではないけれど家族みたいな女たち。
そこに、離れで暮らしている用心棒のような老人を含め、疑似家族のような関係性でお互いに少しずつ頼りにしながら生きている。

こういうシェアハウスってこの先どんどん当たり前になっていくのかもしれません。
結婚したから、血縁関係だから、そんな従来の繋がりではなくて、束の間かもしれないし、もしかしてずっと続くかもしれない、あまり過干渉になりすぎず、でもみんながみんなを適度の距離感で気遣い心配する。
家族という関係が小さく、少なくなっているからこそ、成立する新しい形なのかもしれません。

三浦しをんさんのお話は、どこかファンタジックで、でもちゃんと自分の世界を持っている人を実にさりげなく、格好つけずに描いています。
独特の言い回しも職人っぽくて、読んでいると教科書の中の物語に出会ったような居住まいを正す文章に出会えて新鮮。ちゃんと物語がそこにある、そういう雰囲気があります。
語られる文章が、誰にも偏っていなくてそれがとても不思議だったのですが、途中でその謎が解けます。なかなか洒落た仕掛けで、それもこのお話の魅力なのでしょう。

そう言えば少し前に小学生の姪っ子ちゃんが将来仲良しの友達と2人で暮らすんだよ、と未来像を話してくれた。「いざ彼氏ができたら、女同士で一緒に住もうね、なんて話は忘れるんだろうなー」なんて意地悪なおばさんは思ったけれど(笑)、案外そういう約束が成立する世の中なのかも・・・しれない。




あの家に暮らす四人の女
三浦 しをん
中央公論新社
2015-07-09