書評も今後は別のブログで書いていきます!

伊坂幸太郎著「アイネクライネナハトムジーク」を読みました。

斉藤和義さんから、作詞をしてとお願いされた著者が「作詞は無理ですが、小説ならば」と寄せた短編を含む、6つのショートストーリー集です。
伊坂作品には珍しく、ちょっとほっこりするような「偶然」を装ったアクシデントが織りなす恋愛物語が軸となっています。
登場人物が少しずつリンクし、時代も設定も前後し、少しずつ誰かの影響を受けたり、影響になったりした物語を丁寧に描いています。
人が人のことを思う時、主観が必ず入り込んでしまうのだけれど、それが良い未来をもたらしたり、それとは別にすれ違ってしまったり、人間の関係性というものは実はそういった偶然の重なりが作っていくのかもしれない、それを必然と言ってしまうのはエゴなのかもしれません。

伊坂さんらしい、見事にリンクした物語が今回も張り巡らされていて、「お!この人はこの人だったのか」と本を前後させながら読み進めました。
彼の作品は、紙ならではの醍醐味があるなと思います。

伊坂作品のちょっと変わった人物たちに戸惑っている人は、今作は読みやすいのではないでしょうか。入門編としては、最適な本だと思います。


相変わらず緻密に計算された構成に唸る、テンポのよい展開に引き込まれ、一気に読んでしまいました。