読後感想文〜書評show〜

フィクション大好き!こよなく本を愛するLULUがありのまま、感じたままに本を紹介します。好きな作家は、吉田修一さん、津村記久子さん。

池井戸作品は、続けて読むとちょっと飽きてきちゃうのですが、知識が深い方なのだろうなというストーリー展開が魅力です。

この話は、下町のおじさまがロケットを造るとかいう話なのかな・・・と誤解してまして、男くさい話なのかと思いながら読み進めましたが、予想と違い情熱と意欲に満ちあふれていて、読んでて気持ちよいオハナシでした。

〜ストーリー〜
佃製作所の社長は、元宇宙化学開発機構の研究員。ロケット打ち上げ失敗による引責もあり現役を退いたことで、父親の会社を継ぐことにし、業績を伸ばしていた。
ただ、中小企業への世間の風当たりは強く、契約打ち切り、訴訟問題・・・と問題は山積していき、ついには倒産という文字もちらつき始める。
その中でも、自社ブランド、自社品質に自信を持つ佃は、社員からも反感を買うような研究開発に巨額を投じ、ついにはそれで取得した特許を巡り、超一流企業のロケット事業に参加できる希望が出てくる。
佃は研究者魂がうずき、やがてそれは全社員のプライドを賭けた大きなプロジェクトになっていく。


もう爽快です。中小企業に勤める社員たち。給料も一流企業に比べたら安いけれど、自分たちのブランドと技術には誇りと自信を持っている。
会社が危機に直面しているというのに、夢を叶えようと意地を張る社長に反感を持ちながらもそのプライドを刺激されて大きなプロジェクトに賭けようという気持ちになっていく。

決して夢ばかりを語るのではなく、そして現実の苦さばかりが胸を押しつぶすでもなく、絶妙なタイミングでいいことも悪いこともやってきます。荒波に揉まれる舟のように、会社は風雨に煽られ右往左往する。

決して良好とは言えない環境の中で、一度手放した夢を再び叶えるチャンスがやってくる。今やるべきことか分からないけれど、このチャンスは今しかない。
悩んだとしても、自分にとって理想的な結末があるのならば、それに没頭したい。

窮地においやられる企業と銀行とのやりとり、特許出願に四苦八苦する企業たち、すごく詳細に、分かりやすく描かれていて、勉強にもなります。

そうだよな。自分が誇りを持てる会社で、自信に満ちた仕事をする。そうできれば本当に幸せなんだろうな。

津村さんも大好きな作家さんです。
この本は、大きく分けて「職場の作法」と、「とにかくうちに帰ります」の二本立てですが、そのうちの「職場の作法」はさらに5つほどの話にわかれています。

もう、とにかく面白い。小説読んで声に出して笑っちゃったのは久しぶりではないでしょうか。
 
〜ストーリー〜
とある小さな中小企業とおぼしき会社で働くワタシ、鳥飼。同僚の、きっちり時間管理をして自分の世界を守る落ち着きのある田上さんと、ちょっとマイナーな世界に詳しかったりする優しい独身の先輩浄之内さん2人に囲まれて、どうしようもなかったりする上司や、仕方ないなぁって感じの後輩たちに囲まれたフロアの中の些細なオハナシたち。
 

話は淡々と繰り広げられていくのだけれど、その「淡々」が半端ない「淡々」なのです。
中でも「ブラックホール」というオハナシが、"あるある!こういうことあるよ~"と大きく頷けたと思ったら、後半「やられた~」と爆笑。
もう何てことないのですが、会社員ならば誰しも「あぁ、コレコレ」と思えるのではないでしょうか。
そして、秀逸なのが"バリローチェのフアン・カルロス・モリーナ"。この題名だけで「何のこっちゃ」ですが、期待を裏切らないテンションで話は進んでいきます。マイナーな世界に、とくに深くもなく首を突っ込んでしまう感覚が、とてもバカバカしくて良い!そして身に覚えがあるよ~こういうことって!と思わず笑っちゃう。

「とにかくうちに帰ります」のほうが笑いは少なめですが、どうしようもない状況で人が消耗していく様は、何だか胸に迫る。そんなとき、優しくできるのかなぁ、自分・・・とふと考えたりして。

津村さんの作品はセンスの良さといいますか、好みに合うと言いますか、すごく面白いので大好きです。
何とも言えない世界観にココロを鷲掴みにされています!また別の本もおいおい紹介していきますね。

トップを飾るのは、吉田修一さん。すごく好きな作家さんです


〜ストーリー〜
八王子である夫婦が惨殺された。犯人とおぼしき青年は夫婦を殺した挙げ句にその家に居座り、六時間余りを冷蔵庫を漁り、シャワーを浴びるなどして過ごした後に逃走した。
犯人は山神一成。身元は判明するも、有力な目撃情報は出ずやがて彼が整形で顔を変えていることが判明する。テレビの公開捜査も利用して山神の足取りを追い、寄せられた情報を一つずつ潰していく北見と南條。
あらゆる街や都会の片隅、海沿いの田舎街に過ごす身元不明な男たちを通じ、周囲にいる人々の心の揺れ、信じるという言葉の本当の意味は何なのかを問う。


ある女は、これまでの自分の不幸な境遇ゆえに幸せには消極的で、今隣にいる男が訳ありだとわかっていながら、信じたい、信じさせて欲しいと必死で祈る。
ある少年は、なぜかウマが合う放浪者のような男と急速に距離を縮めていく。友達であり兄でもあるような男。自分のふがいなさを告白したのもその男にだけ。
そしてあるゲイの青年は、偶然出逢った男に惹かれ、これまでになかったような安らぎを手に入れることになる。初めて、この男とならば信じ合えると思ったはずだったのに、ふとした疑念がやがて確信に変わっていく。

八王子の事件を軸に、さまざまな街で暮らす人々とそこに流れ着いた正体不明の男を通じ、この人は良い人だと評価し、自分の信頼を捧げられる瞬間、やがてそれを一気に失う瞬間を描いたストーリー。
事件を追う北見刑事もまた、信じたい相手の頑な態度に混乱してくる。

吉田さんの決して派手ではなく、ひたひたと頭の中や気持ちのヒダにしみ込んでいつまでもとどまっているようなねっとりとしたストーリーに最後まで引き込まれました。
途中何度も「もしかしてこの男が山神なのではないか」と思い、でもやっぱり違うだろう、そんなわけがない、と打ち消してはまた疑惑が生じ、この中の登場人物さながらに思いをめぐらせました。
人が人を信用する、信じる、裏切りに憤る・・・この人との結びつきの根幹とも言える部分を、吉田さんがじっくりとあぶり出すストーリー展開。何が何に怒りを感じるのか、何のための怒りなのか。最後まで読み終えると、その「怒り」という文字が様々な意味を持って目の前に現れます。

事件の解明というよりは、自分の内側にもある表裏一体の気持ち。信じているのに、どこかでは裏切られるのではと思えてくる。その揺れはまさに人と人とのコミュニケーションにはつきまとうものではないでしょうか。
 
上巻では思わず涙がどっと溢れたシーンがあり、下巻でもじんわり涙する瞬間のある、読み応え充分の作品でした。
ああ、読み終わっちゃった・・・吉田さんの作品は先が気になるのにいつまでも読んでいたい、そんな風に思えてくるから不思議です。

↑このページのトップヘ