読後感想文〜書評show〜

フィクション大好き!こよなく本を愛するLULUがありのまま、感じたままに本を紹介します。好きな作家は、吉田修一さん、津村記久子さん。

村田沙耶香著「消滅世界」を読みました。

近未来のような、今の日本の延長線上のような、未知の日本を描いた作品。

日本は世界大戦後、人工授精の研究が飛躍的に進み、ヒトはシステムと一つとして出産を選べるようになっていた。セックスという名の交尾は廃れた昔の出来事となり、結婚というシステム、家族という概念はやや古典的な制度として人々の心から離れている。
雨音は、母親から自分が「交尾」から生まれた存在だと聞かされて戸惑い悩むが、自分自身も生身のヒトとの恋愛を求め、その人とセックスをすることから離れられない。
ただ、家族と恋人とは現代人と同じく完全に分けて考えており、家族には安らぎや安心を覚えている。
そんな雨音は、ヒトとの恋に疲れ切った夫の朔から懇願され、人の出産も育児も全てが制御され均一化された実験都市に移り住むことを決意する。


作家仲間から、「クレイジー沙耶香」と呼ばれているという村田さんの作品。
芥川賞を受賞した「コンビニ人間」が面白かったので、何気なく別の作品をと読みましたが、もう「クレイジー」という称号にふさわしい、圧倒的な世界観に最後まで引きずられ、自分の中の「正常」が揺さぶられました。

人工授精が発達した世界では、恋愛も漫画やアニメの中のキャラクターとすることが当たり前になっていて、ヒト同士の恋愛は特殊なことになりつつある。性欲は処理すべきものの一つで、恋愛から起因するものではない。
だから夫婦同士のセックスは「近親相姦」とされ、離婚原因の一つとなりうる。

ただ、こんな世界も決して作り物ではなくて、近い将来そんなふうになっているのではないか、いや既にもうそうなりつつあるのではないかと思わされます。
セックスレス、恋愛をしない若者、結婚の意味、家族というシステムの意義、様々な形が受け入れられ、もしかして「遺伝子を受け継げる完全なるシステム」があるとしたら、全て必要なくなるのではないか。

経済のために恋愛が利用され、うまく洗脳されてキャラクターで処理するように仕向けられる。
清潔でクリーンで、問題のない世界。

何かおかしいと思うのだけれど、何がおかしいのかうまく説明ができない。
恋愛や家族が欲しい、子供が欲しいというシンプルな本能はだからこそ言葉にはできない感情なのかなと思います。
決して人ごとではない、永遠のテーマがそこにはありました。

自分には子供がいなくて、夫婦としてちゃんとした家族なのかなと思うこともしばしばありますが、だからこそやっぱり、絆や安らぎ、面倒臭い感情のすれ違いなんかが愛おしいのかもしれません。

彼女の作品は別のものも読みたくなりました。
読書に没頭する、というのにふさわしい独特の毒にやられました。


消滅世界
村田沙耶香
河出書房新社
2016-01-08



そう思うと、賞にふさわしい世界観だったのかな、これは(笑)。

コンビニ人間
村田 沙耶香
文藝春秋
2016-07-27



 

綾瀬まる著「朝が来るまでそばにいる」を読みました。

短編からなる本作。日常の中でふっと触れてしまう、不思議な空間、生き物。
ある人は疲れた体を労ってくれる真っ黒な鳥、ある人は亡くした妻から差し出される奇妙な食事、ある人は夢で見た甘美な光景。

日々暮らしていく中で、どうにも現実と折り合わずずれてしまう部分があり、それが何らかの形でふっと自分を取り込んでいく。そう言った現象に足を踏み入れた人たちが、どのようにして、うまく折り合い、離脱していくのか。

私が一番好きだったのは、「眼が開くとき」というストーリー。
子供の頃の強烈な思い出を脳裏に焼き付けた少女は、ほのかに恋心を抱いていた相手と久しぶりに、撮る側、撮られる側として再会する。 彼女は夢の中にそっと置いてあった気持ちを取り出し、確かめるように彼の魅力を引き出して行き、その世界観は世間に認知されていく。
彼女は才能があったというよりは、自分の気持ちに正直になっただけ。その結末はあまりにも呆気なく、空っぽなのだった。
女のどうしようもないわがままを、とてもストレートにエロティックに描いた作品。何となくわかるという人、いるんじゃないかなぁ。

人が誰かに伝えたいことがあると思ったとき、どんな風に伝えるか、何を選ぶのか、それは様々だと思う。ただ「こうするしかなかった」という時、受け取る側はどうすればいいのか。永遠の課題ではないだろうか。

無数に浮遊している気持ちや心残り、無念や愛情、そう言ったものは流れているのではなくて、迷い漂い、旋回しているのかもしれません。もしかして自分の気持ちも、自分を思う気持ちも、同じではない質量でプカプカ浮かんでそれとともに生きていくのかも。

現世という場所に止まらない、スケールの大きなお話でした。
後悔のカプセルを抱えたまま、肉体だけが消え失せるのはきっと辛いだろうから、今を未来を後悔なく生きて行こう、そんな風に思えました。


朝が来るまでそばにいる
彩瀬 まる
新潮社
2016-09-21

 

越智月子著「お願い離れて、少しだけ。」を読みました。

母と娘、そこになぜか父親は不在で、お互いがお互いを必要としているのになぜか近すぎて、時には遠すぎてイライラしてうまくいかない。そんな女同士の人間関係を様々な形であぶり出す本作。

人1人の胸の内など、到底他人に分かるはずもなく、それは母と娘であっても同じ。誰かにとって辛いことは誰かにとっては快感だったりもする。
その一番近い関係性である家族、母娘。

母性というものが世の中に存在するとしても、どうも自分には実感として伝わってこない。
愛された記憶がない、愛し方がわからない。でも認めて欲しい。
あって当然と思われている母性の意外な落とし穴がここには込められています。

確かに、母親からは無二の愛情を注がれて当然という風潮はあるように思う。それが父親であれば少しぐらい子供っぽいところがあってもしょうがないで済まされる、けれど母親は違う。
自分の中に子を宿し、その手の中に抱いた時から無償の愛を注ぐことを当然とされる。それに戸惑い、求め、そして落胆する女たち。

そう、母親であろうと娘であろうと、そこには1人の人間としてのそれぞれの意思がある。心がある。

それを忘れてしまうと、苦しめて求めすぎて疲れてしまうのかもしれない。

私には与える愛情の行き先を結局作れなかったけれど、過去に母親に対して少なからず反抗心のようなものが湧き上がった記憶があり、それが何に起因するのかよくわからないままではある。
でもそれが単なる成長の過程であったと信じたい・・・と今更に思う。

母娘関係に悩んでいる方には、少し気持ちが楽になるかもしれません。決してスッキリと解決するわけではないのだけれど、世間の呪縛からはほんの少し離れられる・・・かも。



 

↑このページのトップヘ